楊さちこのブログです
by yo_sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
◆ただ今旅行中。ゆえに アメ..
at 2011-07-22 11:19
お店の方針に超感動!@なんば..
at 2011-07-19 12:31
一番好きな大阪のお菓子@日本..
at 2011-07-18 23:52
やっと香港に帰りました。
at 2011-07-18 23:38
今から香港に戻ります~。
at 2011-07-18 14:43
検索
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
うちの犬はジャックラッセルテリア
うちの犬はジャックラッセルテリア。2007年3月10日に家族の一員になった。
正式名称 楊・わんこ・スピーディー(息子が命名、日本語と英語の名前をつけなければ!と思ったらしい)
b0142798_11302555.jpg

息子は今年10才になる、一人っ子だ。

5才になるころから犬を飼いたい!と言い続けてきた。最初の間は、自分の面倒も見ることが出来ないからダメ!だと返事していた。

また、わたしはもうひとり子供がいてもいいな~とも思っていた。

でも、外国で、日本語の少ない環境で、日本語を話せる子供を育てるのは、本当に大変。息子にしたのと同じことをもう一回するというのは、かなり難しいということにもうすうす気づいてきた。年齢的なこともある。

いろいろ考えている間も、息子は、「犬を飼いたい、飼いたい」と呪文のように毎日唱え続けていた。

おととしの夏休みに家族会議を開いた。

そこで決めたのは、犬を飼ってもいい。でも犬を飼うのであれば、自分できちんと世話をすること。そのためには、まず、犬について勉強して欲しい。

犬について勉強して、どんな種類の犬がベストなのかを考えてから飼うことにしよう。

まず犬の本を何種類か買いに行った。

そしてお友達の飼っている犬、親戚の飼っている犬、ご近所で買っている犬の様子を教えてもらった。

その時からの、週末のアクティビティは、ペットショップめぐりになった。

途中で飽きるかな?と思っていたのだが、なんのなんの半年くらいで犬の名前とその犬の散歩時間などが空で言えるようになった。

最初は、バーニーズマウンテンか、ボーダーコリーが欲しかったみたいなのだが、
大人になった犬の大きさと、その運動時間の長さとハードさにはついていけないと思ったらしい。

結局選んだのは、自分でも抱っこできる ジャックラッセルテリアだった。

弟として育てたかったようで、おとこのこ。

家族の一員になってから1年半である現在。
わたしにとっても、息子のような感じ。心が通じているような気がするのは親バカだからだろうか?
by yo_sachiko | 2008-08-25 11:31 | 子育て
<< 香港 犬のウンチの収集箱 ヤドカリにはさまれた息子 >>